toggle
2019-09-01

京都大学生と過ごす6日間の貴重経験!ウィンタースクール

●お申し込み方法

1)「ウィンタースクール2019申込書」を印刷して記入いただき教室にお持ちいただくか、内容をメールで送ってください。

●今回よりお子様に気を付けて欲しい約束事を「ガイブック」として作っております。正式に参加されるときには、お子様が一読され了承されているものと認識させていただきます。

●メールに対する返信について
でんじろうさんへのメールは、できるだけすぐの返信を心がけております。
遅くても24時間以内に返信しています。
もしも申し込みをメールで行ったのに、まったく返事がない、という場合はメールが届いていないか、届いたけど返信が返ってきていないか、という事になります。不安な場合はお電話ください。

VR(仮想現実世界)・AR(拡張現実世界)・ネーチャーゲーム(自然界を体感)・臨床美術・石鹸アート作成・きこりさん体験会(北山の自然と山の生活)など実施します。子どもたちの目が大きく開かれて、ご自分の可能性が大きく広がればうれしいです。

お申込み締切は12月7日(土)18時です。

朝8時より開場

1時限目)9:10~10:10

2時限目)10:30~11:30

昼食クラブ)11:30~12:50

3時限目)12:50~13:50

4時限目)14:10~15:10

5時限目)15:30~16:30

最終下校)18:00

☆途中から参加、途中で下校、中抜けなど、自由に出入り可能です

当スクールは 普段の小学校ではなかなかできないようなVR(仮想現実世界)・AR(拡張現実世界)・ネーチャーゲーム(自然界を体感)・臨床美術・石鹸アート作成・きこりさん体験会(北山の自然と山の生活)など実施します。

主催はNPO法人紫明倶楽部で、京都大学の学生さんと、各方面の専門の方を講師にお招きし、充実した授業を行います。

学校休業日に、家でダラーっと過ごすよりは、紫明会館で集団生活。親元から離れて、様々な貴重体験や遊び、参加者間のじゃれあいの中で、泣いたり笑ったりしながら人間的な成長をしていきましょう。

基本的にお仕事や用事で、学校休業日にお子様を日中見られないご家庭の方を対象としていますが、上記コンセプトをご理解いただいた上で、保護者がご家庭に居られるご家族様でも、お申し込みをいただけます。

なので、必ずしも最終授業までいる必要はありません。遅いと外は暗くなってきます。可能であれば、早めにお迎えに来てあげてください。逆にどうしてもお仕事で遅くなる親御さんの場合は、朝は8時から、夕方は18時くらいまでお預かりし、働くお母さん、お父さんを応援させていただきます!

【登校は朝8時から受入れ】

【授業開始は9:10~16:30まで】

【下校は最終で18時をめどに】

<申込制度と会費>

  • 所定の申込用紙にご記入いただき、原本をお持ちいただくかメールでお送りください。用紙は紫明会館にありますが、メールでも完結できます。

参加費は現金でご持参いただくか、振り込みにて納入ください。入金をもって申込成立となります。

また、申込時に<出席予定日>と<優先して受講したい希望>をお知らせください。

参加は1年生から6年生までが対象です。

<会費概要>

<1期>12月25日(水)~27日(金)
3日間10,500円+25日「きこりさん昼食代・材料費3,000円・往復タクシー代2,500円」
合計 16,000円

<2期>1月5日(日)~7日(火)
3日間 10,500円

1日のみ参加は4,000円/日

◆<返金規定>

一度ご入金いただいた会費は、病気やケガで登校できなくなった場合を除き、いかなる理由でもご返金できません。病気で行きたいけど来られない方を救済するためのものです。私用で行けなくなった、単に行きたがらないなどは当てはまりませんので、ご了承ください。

  • 返金の計算方法

「お支払いいただいた参加費」―「実際に登校された日数×4,000円」の計算金額をベースとして

★参加日前日までの申請で80%返金★参加日以降の申請の場合は50%返金となります。

※病気やけがを証明できる、通院された日付の記載されたレシートのコピー(写真)を、資料としてご提出ください。実際の医院の診察が無い場合は、返金対応できません

※その他はいかなる事情でも、一度納入された参加費は返金できかねますので、ご了承ください。

  • 大雨または暴風警報が出るか、それに近い悪天候が見込まれる場合は、安全のためにスクールを中止することがあります。その際は、当日朝7:30までにメーリングリストにて告知いたします。天候が原因での中止の場合は、該当する一日分相当の参加費をご返金致します。

ただし全期申込の場合はすでに割引価格ですので、上記の計算方法で差額が発生した場合のみ、返金対象となります。

<倶楽部加入保険>万が一不慮の事故などで怪我や病気になった場合、教室までの行き帰りは保険対象外です。また会館で起こった事故に関しては、保険の補償額を上限といたします。

<参加申し込みの前に読んでいただきたいこと>

  • 1年生~2年生のお子様は、スクールよりも保護者と一緒にいたいもの

正直、1年生に参加してもらうかどうかは、毎回スタッフでも議論になります。よくホームシックになるからです。そんな時もできるだけのケアはしますが、大いに手を取られます。保護者様がお勤めや用事などで、どうしても預けたいという場合は親子ともに覚悟の上で送り出されると思いますが、スクールに行ってもいかなくても良いという場合は、雰囲気を察知してお子様は行きたくないのではと思います。どれだけ素晴らしいスクールでも、お母さん・お父さんにはかなわないです。貴重体験をさせたいという親御さんの想いと、お子様が納得できるかは別、ということを念頭に、ご参加を検討ください。無理に行かせたら、親御さんへの抗議もあって「スクール面白くなかった」「いじめられた」って言っちゃうかも知れませんし、実際に楽しめないかもしれません。むしろ時間のある親御さんは、スタッフとして一緒に現場にいてくださったら、貴重体験も、お子様のケアも両立出来ますので、お申し出ください。上記にご納得いただいた上で、お申し込みくださいね。

<講座の受講方法・マナーについて>

  • スクールでは、運営スタッフの指示に従ってください。指示を無視して、施設の破壊・他の参加者や講師に対する迷惑行為があった場合は、スクールの途中でも保護者様に連絡し、お子様を引き取りに来て頂きご帰宅いただきます。その際の参加費の返金は致しません。
  • 講座の合間にある休み時間は、講師が講座の準備や休憩をいたしますので、ご配慮をお願いいたします。
  • 授業マナーの向上及び建物の汚濁を防ぐため、ガムのお持込みは禁止といたします。
  • おやつと水分は適当な量をお持ちください。ただし、おやつをお友達や講師に配る行為は禁止ですので、ご自分の召し上がる分量のみお持ち込みください。
  • どうしても気力体力が無く、受講できない状況になった場合は、時間割にある授業に参加せず、ビデオを視聴するだけの時間を作ることがありますので、ご了承ください。

<スポーツチャンバラ(スポチャン)の件>

スポチャンはクッション性の剣で、互いに切りあう遊びの要素たっぷりのスポーツです。

立派な武道ですので、マナーは厳しく指導していきます。打たれたら、クッションの剣でも痛いです。ケガをされることまではほとんどありませんが、打たれた痛みは確実にありますし、場合によっては痛みと青あざが残ることもあります。これは、例えばサッカーなどの身体接触のあるスポーツと同様に起こりうるリスクですので、ご参加の場合はそのあたりを必ずご了承ください。もっとも、体力差が少ない相手と対戦をしている限りは、打つ方も打たれる方も力が互角ですから、そういった青あざができることは稀です。講師には事故防止のために、男女差・身長体重差の大きく異なる組みあわせでの対戦を避ける旨は伝達してあります。以上をご承知の上で、この少しやんちゃでスリル満点の魅力的なスポーツを大いに楽しんでください。

<ケンカは両成敗>

あってはならない事ですし、スタッフも注意してみていますが、長い集団生活の中では、子供たちは互いに行き過ぎる言動が出てきて、つい手が出てしまうことがあります。当スクールでは、理由の如何を問わずケンカは両成敗です。ただし、暴力に関しては、手を出した方を注意します。どっちが先でも後でも、手を出した時点で同罪という見なし方をします。もし叩かれても、やり返さないでスタッフに訴えてください。公平に注意し、度が過ぎると判断した場合は、帰宅命令を出します。

<運営と参加者の連絡方法>

  • 連絡方法はメールです。とても大切な情報を流しますので、万一受信できないと大変なことになります。
  • 保護者様の携帯電話のメール設定では、

「でんじろう講師からの直接メール」qualityoflife@shimei.club

「一斉配信用メール」winter2019manabuffet@googlegroups.com

の2通が確実に受信できるようにしてください。

★「昼食クラブ」
昼食は食育という視点からも、子どもたちが自分たちでご飯を炊いて材料を用意し、自分でおにぎりを作って残さず食べ、洗い物の後片付けまで指導しようと考えています。
ご家庭のお弁当作りのご負担を減らしたいという点からも、親ごさん応援企画と考えております。
昼食時間80分間の間に、作って食べて片付けるところまで子どもで運営してもらいます。
昼食クラブは、材料費として現金300円を毎回集金しようと考えております。
食事内容は、2升炊きの炊飯器でご飯を炊いて、買ってきたお惣菜を中に入れて食べる、というものです。
おにぎりはお代わり自由で、お腹いっぱいになるまでお召し上がりください。具材は唐揚げ、コロッケ、ウィンナーなどを自分でチョイスしてつくります。
お味噌汁の提供はありません。
お茶はご家庭でご用意ください。
「昼食クラブ」を使わず、ご家庭で昼食をご用意されるのも可能ですので、当日登校時に申込制にします。
アレルギーなどの心配のある方は、ご相談ください。
なお、この企画は北区保健センター様にも相談・確認をし、企画内容に問題がないこと、営業許可の申請や各種検査の必要がないことを確認しております。

●授業案●

<パソコン関係>

プログラミング(初級・中級・上級)

PCでお絵かき

ローマ字練習

AR体験(拡張現実)目の前に存在しないキャラクターが出現!近未来の体験をしていきましょう。

VR体験(仮想現実)専用ゴーグルをかけて、冒険に出発!チーム対抗で観察力・記憶力を競います。

・お琴(初級・中級)

古典芸能のお師匠さんである「りの先生」による、お琴の指導。

ちゃんとお辞儀などのお作法から学ばせていただきます。

懐かしくも温かい、お琴の音色はご先祖のDNAと共鳴し、子供たちの心の奥底に響き続けることでしょう。

・篠笛

お祭りのときに吹く横笛です。

<語学関係>

・英中2か国語会話

京都大学大学院生のリュエン先生。

中国人ですが、中国の大学を卒業後、東京大学に編入し、京都大学に来られた異色の天才です。

英語はネイティブ並みに話すことができるうえ、中国語をわかりやすく教えることができます。

GWに何度か中国語会話をしてもらいましたが、ものすごい盛り上がりで楽しそうでした。

ご期待ください。

・英会話

基本的に文法学習や単語の暗唱ではなく、ワークやゲームを通じて親しんでいきます。

遊びに取り入れると、自然に英語が口から出てきますよ。

<運動系>

スポーツチャンバラ

マット運動

スポーツダーツ

<美術・工作系>

臨床美術作品作成

石鹸づくり

などなど。

  • ご不明な点がございましたら、ご連絡先のでんじろう講師までお願いいたします。

関連記事