toggle
2018-12-31

3月23日(月)より冒険スタート!京都大学生と過ごす12日間の貴重経験「スプリングスクール」

【重要!】新型コロナウィルスの対応について

<お願い>2月下旬より、公立の小学校では「冊子版GoGo土曜塾」が全校配布されます。
どうしてもその時期からはお申し込み対応が増えてきますので、予定がすでに決まっている方は、お早めに申し込みをしていただくと助かります。

<3/7(土)一次締め切り日までにでんじろうさんの受付できない不在の日程>
2月21日(金)終日
2月22日(土)終日
2月24日(月)終日
2月27日(木)終日
2月29日(土)終日
3月1日(日)終日
3月6日(金)終日
以上の日程を避け、朝10時~夕方17時をめどにお越しください。
あらかじめアポイントがあると確実です。
よろしくお願いいたします。

お子様用マナーガイドブック

●スクールの授業内容の説明(今回実施無しの授業も含みます)

【スプリングスクール2020参加案内及び規約】

先行予約のお申込み締切は3月7日(土)18時です。
当スクールは、普段の小学校ではなかなかできないような「貴重な体験・学び」のできる民間学童です。主催はNPO法人紫明倶楽部で、京都大学の学生さんと、各方面の専門の方を講師にお招きし、充実した授業を行います。学校休業日に、家でダラーっと過ごすよりは、紫明会館で集団生活。親元から離れて、様々な貴重体験や遊び、参加者間のじゃれあいの中で、泣いたり笑ったりしながら人間的な成長をしていきましょう。必ずしも最終授業まで受講する必要はありません。遅いと外は暗くなってきます。可能であれば、早めにお迎えに来てあげてください。逆にどうしてもお仕事で遅くなる親御さんの場合は、朝は8時から、夕方は18時くらいまでお預かりし、働くお母さん、お父さんを応援させていただきます!
【登校は朝8時から受入れ】【授業は9:10~16:30まで】【下校は最終で18時をめどに】

<申込制度と会費>
所定の申込用紙にご記入いただき、申込用紙原本をお持ちいただくかメールでお送りください。用紙は紫明会館にありますが、メールのやりとりだけでも完結できます。参加費は現金でご持参いただくか、振り込みにて納入ください。入金をもって申込成立となります。また、申込時に<出席予定日>と<優先して受講したい希望>をお知らせください。参加は新1年生から6年生までが対象です。
申込受付は全て「でんじろう講師」が行いますので、直接お越しの際はいるかどうかご確認をお願いいたします。
qualityoflife@shimei.club
075-411-4970

<会費概要>(2人目より家族割)
【公立小学校の方】
・公立など3/25から春休みの小学校

1期:3月25日(水)~3月27日(金)3日間
10,500円(7,500円)+きこりさん体験会5,500円

・2期:3月30日(月)~4月3日(金)5日間
17,500円(12,500円)+冒険の森参加費5,500円

・3期:4月6・7日2日間7,000円(5,000円)

・公立全期割引10日間25,000円(家族割20,000円)
+きこり・冒険の森(各5,500円合計11,000円)

【附属・私立など3/23より参加可能な小学校の方】
・1期:3月23日(月)~3月27日(金)5日間
17,500円(12,500円)+きこりさん体験会5,500円

・2期:3月30日(月)~4月3日(金)5日間
17,500円(12,500円)+冒険の森参加費5,500円

・3期:4月6・7日2日間7,000円(5,000円)

・全期割引12日間30,000円(家族割24,000円)
+きこり・冒険の森(各5,500円合計11,000円)

【全小学校共通】
・3月23日以降の新規・追加申込は全て1日4,000円(2500円)です。
・1日単位での申し込みの場合は4,000円(2,500円)/日とし、その他のコースは無し。
・3/25(水)きこりさん体験:別途参加費3,000円(昼食代込み)+往復交通費2,500円:合計5,500円
・4/1(水)冒険の森探訪:別途参加費3,000円+往復交通費2,500円:合計5,500円※お弁当ご持参ください※
きこり・冒険の森に欠席の場合は上記参加費5,500円は不要です。
※冒険の森は身長110cm以上の方のみ参加できます。
毎週水曜日は、外出授業のみとし紫明会館では授業を開催しません。

◆<返金規定>
一度ご入金いただいた会費は、病気やケガで登校できなくなった場合を除き、いかなる理由でもご返金できません。病気で「行きたいけど来られない方」を救済するためのものです。所用で行けなくなった、単に行きたがらないなどは当てはまりませんので、ご了承ください。

<返金の計算方法>1期は3月22日(日)2期は3月29日(日)3期は4月5日(日)までの御連絡であれば、100%返金します。その後は「お支払いいただいた参加費」―「実際に登校された日数×4,000円」の計算金額をベースとして
★参加日前日までの申請で80%返金★当日の申請は50%返金となります。
※病気やけがを証明できる、通院された日付の記載されたレシートのコピー(写真)を、資料としてご提出ください。実際の医院の診察が無い場合は、返金対応できません
※その他はいかなる事情でも、一度納入された参加費は返金できかねますので、ご了承ください。
大雨暴風警報発令や悪天候が見込まれる場合は、安全のために中止することがあります。その際は、当日朝7:30までにメーリングにて告知します。天候での中止の場合は、該当する一日分相当の参加費を返金します。全期申込の場合はすでに割引価格ですので、上記の計算方法で差額が発生した場合のみ、返金とします。

<倶楽部加入保険>万が一不慮の事故などで怪我や病気になった場合、教室までの行き帰りは保険対象外です。また会館で起こった事故に関しては、保険の補償額(今年度は1億円)を上限といたします。

<1・2年生は授業の変更を原則禁止します>
当スクールは、原則として当日お子様の意志で受講する授業を変更できます。ただし、1年生~2年生のお子様は、親御さんが設計した需要をなるべく受けてもらいたいため、当日の変更は不可とします。
また、1・2年生はまだまだスクールよりも保護者と一緒にいたいものです。正直、1年生に参加してもらうかどうかは、毎回スタッフでも議論になります。よくホームシックになるからです。そんな時もできるだけのケアはしますが、大いに手を取られます。保護者様がお勤めや用事などで、どうしても預けたいという場合は親子ともに覚悟の上で送り出されると思いますが、スクールに行ってもいかなくても良いという場合は、雰囲気を察知してお子様は行きたくないのではと思います。どれだけ素晴らしいスクールでも、お母さん・お父さんにはかなわないです。貴重体験をさせたいという親御さんの想いと、お子様が納得できるかは別、ということを念頭に、ご参加を検討ください。無理に行かせたら、親御さんへの抗議もあって「スクール面白くなかった」「いじめられた」って言うかも知れませんし、楽しめないかもしれません。むしろ時間のある親御さんは、スタッフとして一緒に現場にいてくださったら、貴重体験も、お子様のケアも両立出来ますので、お申出ください。上記にご納得いただいた上で、お申し込みください。

<講座の受講方法・マナーについて>
スクールでは、運営スタッフの指示に従ってください。指示を無視して、施設の破壊・他の参加者や講師に対する迷惑行為があった場合は、スクールの途中でも保護者様に連絡し、お子様を引き取りに来て頂きご帰宅いただきます。その際の参加費の返金は致しません。講座の合間にある休み時間は、講師が講座の準備や休憩をいたしますので、ご配慮をお願いいたします。授業マナーの向上及び建物の汚濁を防ぐため、ガムのお持込みは禁止といたします。おやつと水分は適当な量をお持ちください。ただし、おやつをお友達や講師に配る行為は禁止ですので、ご自分の召し上がる分量のみお持ち込みください。
制作・工作・美術系の授業は、服が汚れて色が取れない可能性があります。汚れても大丈夫な服でお越しください。

<スポーツチャンバラ(スポチャン)の件>スポチャンはクッション性の剣で、互いに切りあう遊びの要素たっぷりのスポーツです。立派な武道ですので、マナーは厳しく指導していきます。打たれたら、クッションの剣でも痛いです。ケガをされることまではほとんどありませんが、打たれた痛みは確実にありますし、場合によっては痛みと青あざが残ることもあります。これは、例えばサッカーなどの身体接触のあるスポーツと同様に起こりうるリスクですので、ご参加の場合はそのあたりを必ずご了承ください。もっとも、体力差が少ない相手と対戦をしている限りは、打つ方も打たれる方も力が互角ですから、そういった青あざができることは稀です。講師には事故防止のために、男女差・身長体重差の大きく異なる組みあわせでの対戦を避ける旨は伝達してあります。以上をご承知の上で、この少しやんちゃでスリル満点の魅力的なスポーツを大いに楽しんでください。

<ケンカは両成敗>あってはならない事ですし、スタッフも注意してみていますが、長い集団生活の中では、子供たちは互いに行き過ぎる言動が出てきて、つい手が出てしまうことがあります。当スクールでは、理由の如何を問わずケンカは両成敗です。ただし、暴力に関しては、手を出した方を注意します。どっちが先でも後でも、手を出した時点で同罪という見なし方をします。もし叩かれても、やり返さないでスタッフに訴えてください。公平に注意し、度が過ぎると判断した場合は、加害側のお子様には帰宅していただきます。

<運営と参加者の連絡方法>
 連絡方法はメールです。とても大切な情報を流しますので、万一受信できないと大変なことになります。受信できない方はこのページから、定期的に情報をご覧ください。
保護者様の携帯電話のメール設定では、次の2通が確実に受信できるようにしてください。
「でんじろう講師からの直接メール」qualityoflife@shimei.club
「一斉配信用メール」spring2020manabuffet@googlegroups.com
希望者にはLINEでの連絡も可能です。 登録は下記よりお願いします。
http://bit.ly/34N4SxZ


関連記事