toggle
2018-03-08

春休みに充実の貴重体験「スプリングスクール」

<スプリングスクールの概要>
☆目的
学校ではなかなかできないような貴重体験を通じて、お子様の成長を目指そう!

☆日程
3/26(月)~4/7(土)
※4/7(土)は発表会です
☆時間
1時限目■9:10~10:10
2時限目■10:20~11:20
3時限目■11:30~12:30
4時限目■13:10~14:10
5時限目■14:20~15:20
6時限目■15:30~16:30

☆参加費
1日2,000円/日
2人目以降の兄弟姉妹さんは割引1,500円/日
しいたけ倶楽部別途1,000円
篠笛購入別途1,500円

<授業の内容>
☆ゴスペル
英語のアカペラ曲を中心に練習していきます。
講師はヤマハの登録インストラクターで、ピアノ・声楽に通じておられる「みさこ先生」にご担当いただきます。

☆宿題サポート
京都大学生によるサポートです。
春休みに宿題の無いお子様は、ご自分でドリルとか何か課題をお持ちいただき、判らないことがあれば講師に聞きましょう。

☆3ヵ国語会話
京都大学生で、英語・中国語・韓国語のマスター「WAKUWAKU先生」に講師をお願いしております。
日常の周りにある様々なもの、動作、感情、形容詞など、ゲーム感覚で3言語に置き換えて覚えていけるワークを開発しました。
基本的に全日程で担当して頂きますので、ご安心というかご活用ください。
子供たちは耳からと目からもインプットしていくでしょう。

最初のあたりはこんな感じです。

(指し棒で扇風機を指して)<WAKUWAKU先生>「はい、これは英語で?」
<子供>「fan!」
<WAKU>「では、韓国語で?」
<子供>「●●!」
<WAKU>「では、中国語で?」
<子供>「◎◎!」

段々と単語を覚えてきたら・・・

(TV画面で食事をしている写真を見せて)<WAKUWAKU先生>「はい、これは英語で?」
<子供>「he is having lunch!」(※でんじろう訳につき違うかも)
<WAKU>「では、韓国語で?」
<子供>「●●!」
<WAKU>「では、中国語で?」
<子供>「◎◎!」

どうでしょうか。
この機会に、おっきくインターナショナルなお子様に変身していきましょう!

☆パソコン練習
パソコン講師のでんじろうさんが、水彩画風ソフトを使って絵を描く練習をします。
ほかにも、3D画像や動画作成なども検討中です。
描いた作品は、プリントしてお持ち帰りいただこうと思います。

☆ヒップホップダンス
京都大学生講師の「ぴよ先生」は、幼少の頃より親に連れられて、ヒップホップ教室に通っていました。
物心ついたときからは、安室奈美恵に心酔し、多くの楽曲の振付をマネして「アムラー」の最先端を走りました。
この度、久しぶりに「アムラーぴよ先生」を解禁し、子供たちにヒップホップダンスの楽しさを伝えていきます。

☆プログラミング講座
アプリはScratchです。
講師は京都大学の理工学部で、実際の研究にプログラミングを活用している現役の学生さんです。
担当講師は多数おりますので、勤務可能な日をメンバーで調整して、実施しております。
この操作を通じてプログラミング文法の基本を習熟していき、その後はPythonという世界標準ともいえる本格的なプログラム言語に切り替えていきます。
Scratchで培ったプログラミング構造理論は、そのままPythonの学習に引き継げるという事になります。
そしてPythonをマスターすれば、他のプログラム言語にも簡単に移行できると言われております。
また、この講座はスプリングスクール終了後にも、毎月継続して行っていきますので、お子様は徐々に習熟度を上げて頂けると考えております。

☆しいたけ倶楽部
北山から2人のきこりさんが紫明会館に来てくれます。
山から原木を一人に一本分持ってきてくれます。
授業の中でドリルを使ってきこりさんが穴をあけますので、子供さんは菌を木づちで打ち込んでいきます。
打ち込み終わった原木は、各自お持ち帰りいただき、お家で収穫までお世話してください。
(1年半)
お世話は、日陰において、たまに霧吹きで湿らす、水を掛けるとかだと思います。
原木1本で、10~20個ぐらいの菌を打ち込めるんじゃないでしょうか。

☆ネーチャーゲームとは
紫明通りの中央分離帯にある「せせらぎ公園」をメイン会場として、様々な自然の姿を見つめていきます。
なかなか説明が難しいものです。
五感を使って自然を感じましょう。
触る、聴く、探す、組み合わせる、加える、表現する、伝える、贈る、受け取る・・・
あらゆる働きかけは、自然であり生命の源そのものであり、根源とつながる力であります。
そういったものを、具体的なワークを使って、見出していくものです。

☆篠笛とは
京大学の学生さんで篠笛のマスターが、優しく教えてくれます。
篠笛は横笛のことで、おそらく誰でも音は出るようになります。
笛は教室で用意できますので、申込時に1500円をお願いします。
サマースクールでも引き続きやりますので、この機会にご購入いただければと思います。
ご兄弟姉妹で1本を使いまわすのもOKです。
兄弟同時開催の場合は、仲良くね。
全体の参加人数が多ければ、低高学年でクラス分けしますので、そうなれば貸し合いが簡単ですね。
「SPスクールは篠笛に1日しか参加できないので、見学に」というのもOKですが、サマースクールもご検討いただいている方は、一日でもご参加頂いたらサマーの時に楽ですよ。

☆でんじろうさんの開脚
どこかでやります。
開脚でペタっと床に付きたい方はご参加ください。

・・・・というような中身です。

お申込は
qualityoflife@shimei.club
まで。

関連記事